堀尾貞治 HORIO SADAHARU

  • 巻物 1
  • 巻物 2
  • 巻物 3
  • 巻物 4
  • 巻物 5
  • 巻物 6

主な展覧会と略歴

  • 1939 神戸市に生まれる
  • 1957 第10回芦屋市展 / 精道小学校講堂、芦屋(以後20007年の第59回展まで連続出品)
  • 1963 兵庫県展 知事賞受賞
  • 1964 京都アンデパンダン展 / 京都市美術館(以後1991年まで連続出品)
  • 1966 具体美術協会会員となり1972年解散まで在籍
  • 1968 個展 / グタイピナコテカ、大阪
  • 1975 パリに遊学
  • 1981 アート・ナウ '70~'80 / 兵庫県立近代美術館、神戸
        空間 - 知覚の拡がり展 '81 / 京都市美術館
  • 1982 明日の美術館に向かって- 美術劇場 / 兵庫県立近代美術館、神戸
  • 1985 個展 / アートスペース虹、京都 (以降2017年閉廊まで毎年年明けに開催)
        個展「あたりまえのこと」 / ギャラリークオーレ、大阪
  • 1986 日本・ハワイ現代美術交流展 / ABCギャラリー、大阪
  • 1987 個展「今日の作家シリーズ 20 堀尾貞治展:DAY BY DAY」 / 大阪府立現代美術センター
  • 1988 物+物展 / ギャラリーP&P、韓国・ソウル
  • 1989 墨の世界 / 西武ホール、大津
  • 1990 兵庫の抽象3人展(田中徳喜、吉見敏治、堀尾貞治)/ アートホール神戸
  • 1992 具体美術協会の作家たち / 宮城県美術館
  • 1993 第1回六甲アイランド Water Front Open Air Play / 六甲アイランドマリンパーク、神戸
  • 1994 丹南アートフェスティバル(オープニングパフォーマンス 「音のたし算」)/ 武生市中央公園
        心の時代 彫刻と造形 / 高柳の里、豊岡
  • 1995 個展「震災風景展」 / 神戸、武生、福井
  • 2000 個展「神出鬼没★堀尾アート I期&II期」 / 枚方市立御殿山美術センター 
  • 2001 個展「あたりまえのこと 白紙に戻す」 / ナノリウム、山梨県富士吉田市
  • 2002 個展「堀尾貞治展 あたりまえのこと」/ 芦屋市立美術博物館(38日間の会期中毎日パフォーマンス)
        未来予想図 私の人生劇場/兵庫県立美術館
  • 2003 空気美術館 in 兵庫運河(堀尾貞治+現場芸術集団「空気」)/兵庫運河、神戸
  • 2004 「まち」がミュージアム '2004 / 山梨県富士吉田市
  • 2005 横浜トリエンナーレ 2005(堀尾貞治+現場芸術集団「空気」)/ 山下ふ頭、横浜:連続82日のパフォーマンス
  • 2006 マイ・ルール展 / ボーダレス・アートギャラリーNO-MA、近江八幡
  • 2007 呼応する精神 / カールトン大学、 カナダ・オタワ
  • 2009 イン=フィニタム / フォルチュニー美術館、イタリア・ヴェネツィア
  • 2010 第18回国際丹南アートフェスティバル/越前市民ホール2011 Frankfurter Positionen : Atarimae-no-koto (堀尾貞治+現場芸術集団「空気」)/ Frankfurt LAB、ドイツ・フランクフルト
        個展「Sadaharu Horio - Atarimae-no-koto」/ Axel Vervoord Gallery, ベルギー・アントワープ
  • 2012 エクスプロージョン(爆発) - アクションとしての絵画 / ストックホルム近代美術館、スウェーデン
  • 2013 Gutai: Splendid Playground(オープニングパフォーマンス) / グッゲンハイム美術館、米国・ニューヨーク
        タピエス 美術家の視点 / フォルチュニー美術館、イタリア・ヴェネツィア
  • 2014 個展「堀尾貞治 あたりまえのこと<今>」/ BBプラザ美術館、神戸
        Printemps Japonais(日本の春)(堀尾貞治+現場芸術集団「空気」) / フランス・リール
        個展「Atarimae-no-koto」 / チェリーガーデン、スウェーデン・ゴットランド島
  • 2015 アートフェア「Art Brussels」(Axel Vervoordt Galleryからの招へい) / Brussels Expo、ベルギー・ブリュッセル
        個展「Sadaharu Horio」 /Axel Vervoordt Gallery Hong Kong、香港
        ThinkTank lab Triennale : Two Sticks / ヴロツワフ建築美術館、ポーランド・ヴロツワフ
  • 2016 アートフェア「2016 BAMA」 / 韓国・釜山
        Process, Performance, Presence / ブラウンシュヴァイク・アートセンター、ドイツ・ブラウンシュヴァイク
        A Feverish Era in Japanese Art(オープニングパフォーマンス)/ BOZAR ブリュッセル美術センター、ベルギー・ブリュッセル
         奈良・喜多ギャラリーにて千点以上の絵画を制作(2月〜11月)
  • 2017 アートフェア「The Armony show 2017」(Axel Vervoordt Galleryからの招へい) / Piers 90 & 92, New York
        個展「堀尾貞治 あたりまえのこと」/岡山 吉備高原アートハウス
        東アジア文化都市2017京都「アジア回廊 現代美術展」(堀尾貞治+現場芸術集団「空気」)/京都芸術センター・二条城
        芦屋神社芸術祭」: 劉長煒「陶+(トータス) XXXV」 堀尾貞治「あたりまえのこと」/芦屋神社 
  • 2018 個展「Sadaharu Horio」 / Axel Vervoordt Gallery, ベルギー・アントワープ
        個展「Sadaharu Horio」 / Axel Vervoordt Gallery, 香港
        カタストロフと美術のちから展/森美術館 東京
        11月 死去

ENGLISH:Biography

  • 1939 Born in Kobe, Japan
  • 1939 Born in Kobe, Japan
  • 1957 The 10th Ashiya City Art Exhibition/ Seido Elementary School Auditorium, Ashiya (participates in this annual event every year until its 59th edition in 2007)
  • 1963 Hyogo Prefectural Art Exhibition, Governor's Prize
  • 1964 Kyoto Independent Exhibition / Kyoto Municipal Museum of Art (participates in this annual event every year until 1991)
  • 1966 Becomes a member of the Gutai Bijutsu Kyokai, and remains with the group until its dissolution in 1972
  • 1968 Solo Exhibition / Gutai Pinacotheca, Osaka
  • 1975 Stays in Paris
  • 1981 Art Now '70-'80 / Hyogo Prefectural Museum of Modern Art, Kobe
        Expansion of Perception '81 / Kyoto Municipal Museum of Art
  • 1982 Towards the Museum of Tomorrow : Art Theater / Hyogo Prefectural Museum of Modern Art, Kobe
  • 1985 Solo Exhibition / Art Space Niji, Kyoto (First of a series of annual solo show held at the beginning of the new year until 2017)
        Solo Exhibition: Ordinary Things / Gallery Cuore, Osaka
  • 1986 Crossing '86 Japan-Hawaii / ABC Gallery, Osaka
  • 1987 Solo Exhibition: Today's Artists Series No.20 Sadaharu Horio: DAY BY DAY / Osaka Contemporary Art Center
  • 1988 Object + Object / Gallery R&P, Seoul, South Korea
  • 1989 The World of Sumi / Seibu Hall, Otsu
  • 1990 Three Abstract Artists from Hyogo (Tokuki Tanaka, Toshiharu Yoshimi and Sadaharu Horio) / Art Hall Kobe
  • 1992 The Artists of Gutai Art Association / Miyagi Prefectural Museum
  • 1993 The 1st Rokko Island Water Front Open Air Play / Marine Park, Rokko Island, Kobe
  • 1994 Tannan Art Festival (Opening performance "Adding Up Sounds") / Takefu Municipal Central Park
        Era of the Heart : Sculpture and Plastic Arts / Takayanagi no Sato, Toyooka
  • 1995 Solo Exhibition: Earthquake Landscapes / Kobe, Takefu, Fukui
  • 2000 Solo Exhibition: Unpredictable : Horio's Art / Hirakata Municipal Gotenyama Art Center 
  • 2001 Solo Exhibition: Ordinary Things, "Back to Zero" / Nanorium, Fuji Yoshida, Yamanashi
  • 2002 Solo Exhibition: Sadaharu Horio : Ordinary Things / Ashiya City Museum of Art and History (Daily performances during 38 days)
        Theatre of Our Lives / Hyogo Prefectural Museum of Art, Kobe
  • 2003 Air Museum in Hyogo Canal (Sadaharu Horio + On-site Art Squad "KUKI") / Hyogo Canal, Kobe
  • 2004 The Town is a Museum '2004 / Fuji Yoshida, Yamanashi
  • 2005 Yokohama Triennale 2005 (Sadaharu Horio + On-site Art Squad "KUKI") / Yamashita Pier, Yokohama (Daily performances during 82 days)
  • 2006 My Rule / Borderless Gallery NO-MA, Omi-Hachiman
  • 2007 Resounding Spirit / Carlton University, Ottawa, Canada
  • 2009 In-Finitum / Palazzo Fortuny, Venice, Italy
  • 2010 The 18th International Tannan Art Festival / Echizen City Hall Art
  • 2011 Frankfurter Positionen : ATARIMAE-NO-KOTO (Sadaharu Horio + On-site Art Squad "KUKI") / Frankfurt LAB, Frankfurt, Germany
        Solo Exhibition: Sadaharu Horio - Atarimae-no-koto / Axel Vervoordt Gallery, Antwerp, Belgium
  • 2012 Explosion - Painting as Action / Moderna Museet, Stockholm, Sweden
  • 2013 Gutai: Splendid Playground (Opening performance) / Guggenheim Museum, New York, USA
        TAPIES. The eye of the artist / Palazzo Fortuny, Venice, Italy
  • 2014 Solo Exhibition: Sadaharu Horio : A Matter of Course - Now / BB Plaza Museum of Art, Kobe
        Printemps Japonais (Sadaharu Horio + On-site Art Squad "KUKI") / Lille, France
        Solo Exhibition: Atarimae-no-koto / Korsbarsgarden, Gotland, Sweden
  • 2015 Art Brussels (invited by Axel Vervoordt Galllery) / Brussels Expo, Brussels, Belgium
        Solo Exhibition: Sadaharu Horio / Axel Vervoordt Gallery Hong Kong
        Think Tank lab Triennale : Two Sticks / Wroclaw Architecture Museum, Wroclaw, Poland
  • 2016 2016 BAMA (Busan Annual Market of Art) / Busan, South Korea
        Process, Performance, Presence / Kunstverein Braunshweig, Germany
        A Feverish Era in Japanese Art (Opening performance) / BOZAR - Center for Fine Arts, Brussels, Belgium
        Creation of more than 1,000 paintings at Kita Gallery, Nara (February - November)
  • 2017 The Aromory Show 2017 (invited by Axel Vervoordt Galllery) / Piers 90 & 92, New York
        Solo Exhibition: Sadaharu Horio - Ordinary Things / The Kibi Highlands Art House, Okayama
        Culture City of East Asia 2017 Kyoto - Asia Corridor Contemporary Art Exhibitions (Sadharharu Horio + On-Site Art Squad "KUKI" / Kyoto Art Center, Nijo Castle, Kyoto
        Art festival at Ashiya Shrine: Choi Ryu "To+ XXXV" & Sadaharu Horio "Atarimae-no-koto", Ashiya Shrine
  • 2018 Solo Exhibition: Sadaharu Horio / Axel Vervoordt Gallery Antwerp, Belgium
        Solo Exhibition: Sadaharu Horio / Axel Vervoordt Gallery Hong Kong
        Catastrophe and the Power of Art / Mori Art Museum, Tokyo
        Sadaharu Horio passes away in Novembre

個展

グループ展

受賞

コレクション

  • ・芦屋市立美術博物館
  • ・兵庫県立美術館
  • ・大阪中之島美術館準備室
  • ・和歌山県立近代美術館
  • ・福岡市美術館
  • ・宮城県立美術館
  • ・広島県立美術館
  • ・北九州市立美術館
  • ・BBプラザ美術館
  • ・神戸わたくし美術館